臨床工学技師の仕事とやりがい

医療事故を起こさないシステム

腎臓病の治療について

腎臓を患っている方へ

臨床工学技士が携わる医療行為

心臓手術の際の人工心肺装置の操作

人工心肺とは、言葉のとおり、心臓と肺の代わりを人工的に行うことです。それを行うのが、人工心肺装置です。

心臓手術の際に、心臓を止めてする手術と、止めないで行う手術がありますが、心臓を止めてする手術の場合、体に血液が流れない事になるので、その代替となる装置が必要なのです。それが人工心肺装置です。

この装置は、体の血液を引っ張り、それに酸素を与えて、身体に返します。人工透析装置と同じく「ローラーポンプ」がついていますが、これで身体の循環をしてあげ、「心臓」の役目をします。

そして、その回路の途中には「人工肺」と言うものがあり、そこを通ると、血液に酸素が行き渡ります。これが「肺」の役割を果たします。この両方の役割を行う為、「人工心肺装置」と言われます。

人工心肺装置を使った手術は、以下のように行います。

最初は、「人工心肺装置を動かして、心臓を止める」通常は心臓が動いて血液を送ってあげていますが、これに、人工心肺装置を少しずつ動かしていって、血液の流れを人工心肺装置に少しずつシフトしてあげます。最終的には、血液は心臓を通らないで、人工心肺装置のみで全身へ血液を送ってやり、心臓はこの後止めます。

次は、「血液の状態、循環状態を維持する為に、人工心肺装置を微調整」人工心肺に血液の流れを完全にシフトした後、その血流を一定に保ったり、血液の状態を正常に保つ為に、装置に微妙な操作を加えたり、装置の回路に薬剤を投与したりします。

また、この段階では心臓が止まっており、医師が手術をしていますが、心臓自体に栄養がいっていないと、心臓の細胞が死んでしまいます。なので、この段階では、心臓の栄養を送る為のポンプも動かしています。

最後は、「人工心肺装置から離脱し、自分の心臓だけで血液を循環させる」心臓の手術が終わった後、電気ショックにて心臓を呼び覚まします。この時、まだ心臓は寝ぼけた状態で、あまり激しい運動ができません。

ここで、人工心肺装置の回転を徐々に緩め、代わりに心臓にバトンタッチしてあげます。心臓は、少しずつ仕事を与えられ始め、少しずつ目を覚ましていきます。完全に心臓が目覚めた時、ゆっくり、ゆっくりと、人工心肺を止めていきます。完全に心臓に血液の流れがバトンタッチされたら、胸の縫合をして終わりです。

人工心肺が動いている間の患者様の血液の流れの状態は、ほぼ臨床工学技士がにぎっています。人工心肺装置は、心臓の手術の際の血液循環と、血液の酸素化、と言う大きな仕事を担っています。

臨床工学技士は、この人工心肺装置の操作を一手に引き受けるので、責任重大で、多大な緊張を強いられる仕事であると思います。