臨床工学技師の仕事とやりがい

医療事故を起こさないシステム

腎臓病の治療について

腎臓を患っている方へ

その他の医療機器・医療器具

喉頭鏡

喉頭鏡

呼吸状態が悪くなった患者さんには、気管内にチューブを入れて(気管内挿管と言います)、そこから直接空気を送り込みます。喉頭鏡とは、そのチューブを入れる時に、しっかりと喉の奥を覗き込む時に使います。

普段は写真左のように畳んである状態ですが、使用するときは写真右のように開いて、先端から喉の奥に入れます。下の写真のように開いた時に、先端にはランプがつくようになっていて、使用する際には気管を明るく照らし、気管内挿管をしやすくします。