臨床工学技師の仕事とやりがい

医療事故を起こさないシステム

腎臓病の治療について

腎臓を患っている方へ

臨床工学技士が携わる医療行為

医療機器に関する院内教育

院内教育とは、勉強会の開催などですが、看護師達に医療機器の勉強会を開いたりします。「年に何回以上医療機器に関する勉強会を開いて、医療機器の安全使用を促進する必要がある」と、医療監査などの時にも言われ、勉強会報告書などの実績を見せる必要があります。

目的としては、「医療機器を正しく安全に使用してもらい、医療機器関連の医療事故をなくす」という目的です。

特に、平成19年4月の医療法改正で、院内に「医療機器安全管理責任者」という、「医療機器の事は全部自分が責任を負いますよ」と言うポストを置く事が制定されました。それに臨床工学技士が任命される事が多くなってきています。

「看護師が機器の操作ミスで医療事故が起きても、医療機器安全管理責任者にも責任が問われる」と言う場合もある為、自分の保身の為にも、看護師さん達に正しい医療機器の使い方を伝えて、安全に使用してもらう必要があるのです。

大抵、業務が終わってから、職員を集めて行うので、やはり中には「仕事終わってからも勉強なんて嫌だ」と思われる方もいますので、興味を持ってもらう為に、どれだけ解りやすい勉強会にするか、どれだけ興味を持ってもらえるような内容にするか、がポイントとなってきます。