臨床工学技師の仕事とやりがい

医療事故を起こさないシステム

腎臓病の治療について

腎臓を患っている方へ

腎臓病の治療について

食事療法

食事療法も、薬物療法と同じぐらい大切な治療法です。また、この治療法は、患者本人のやる気が一番重要な為、患者として一番注意しなければならない、重要な治療法です。


たんぱく質制限

腎臓では、体内の不要物をろ過して、老廃物を尿中に排出する機能があります。たんぱく質を多く摂り過ぎると、その老廃物が多くなる為、腎臓を一生懸命動かさなければならない状態になり、腎臓に負担をかけてしまいます。なので、たんぱく質の摂取を制限する必要があります。


塩分制限

これも、腎臓に負担をかけない為に必須です。塩分を摂り過ぎると、のどが渇き、どんどん飲んでしまいます。そうなると、体液量が増え、血圧が高くなりますので、腎臓に負担をかける事になってしまいます。なので、塩分制限も必要です。


エネルギーはしっかり摂る

よく陥りがちなのが、「たんぱく質や塩分摂ったらダメなら、食事量を減らせばいい」と言う考え方になることです。しかし、カロリーが不足すると、腎臓を動かすエネルギーすらもなくなり、結局腎臓が働かなくなってしまいます。(これは、私も陥った罠です。一ヶ月で3年分ぐらい悪化しました)

たんぱく質・塩分を制限しつつ、エネルギーはしっかり摂る。これを実践する為には、揚げ物など、油を上手に使うことが重要です。