臨床工学技師の仕事とやりがい

医療事故を起こさないシステム

腎臓病の治療について

腎臓を患っている方へ

臨床工学技士が管理する医療機器

除細動器

除細動器

重篤な不整脈が起きた際に、心臓に電気ショックを与えることで治療をする機械です。

心臓は、規則正しく電気的刺激が伝わると正常に動くのですが、不整脈の時は、心臓の細胞がバラバラに動いてしまい、その結果、うまく刺激が伝わらず、心臓は動く事はなく、血液を送る事ができなくなってしまいます。

そこへ、心臓に強い電気をほんの一瞬流して、電気的刺激を一旦リセットしてやります。そして、また新たに心臓電気的刺激を与え始める事によって、心臓の筋肉が正しく動き始めます。その結果、再び心臓から血液を送り出す事ができるわけです。

また、今現在、駅や公共施設などでは必ず設置してある「AED」という機械がありますが、これは、「除細動器」を、一般の人にも使えるように、自動式にし、流れる音声に従って簡単に除細動を行う事ができる機械です。

*上の青い二つのパドルを持って、心臓の左上と右下に密着させ、スイッチを押すと電気が流れる仕組み。